東京工業大学 物質理工学院 応用化学系 芹澤・澤田研究室
ENGLISH
Fusion of Polymer and Biological Sciences
J. Mater. Chem. B誌のFRONT COVERに掲載されました。
ACS Sustain. Chem. Eng.誌のSupplementary Coverに掲載されました。
Langmuir誌のSupplementary Coverに掲載されました。
Soft Matter誌のBACK COVERに掲載されました。
Macromol. Biosci.誌のBACK COVERに掲載されました。
ACS Appl. Bio Mater.誌のSupplementary Coverに掲載されました。
ACS Macro Lett.誌のSupplementary Coverに掲載されました。
ACS Biomater. Sci. Eng.誌のSupplementary Coverに掲載されました。
Chem. Commun.誌のINSIDE BACK COVERに掲載されました。
研究室旅行に行ってきました。(2019.09.05-07)
Langmuir誌のSupplementary Coverに掲載されました。
バイオ・高分子シンポジウムで鈴木と秦が受賞しました。
BBQを行いました。(2019.04.20)
J. Mater. Chem. B誌のBACK COVERに掲載されました。
Chem. Commun.誌のINSIDE BACK COVERに掲載されました。
Bull. Chem. Soc. Jpn.誌のINSIDE COVERに掲載されました。
Chem. Commun.誌のINSIDE BACK COVERに掲載されました。
Chem. Commun.誌のBACK COVERに掲載されました。
Chem. Commun.誌のBACK COVERに掲載されました。
高校生向けの公開講演会を開催しました。
Chem. Commun.誌のBACK COVERに掲載されました。

研究室について

ようこそ芹澤・澤田研究室へ

当研究室は2011年11月にスタートし、今年で10年目を迎える研究室です。生体由来の高分子(ペプチド、タンパク質、多糖、ウイルスなど)がもつ秘めた機能や特性を発掘し、工学材料として応用する研究を行っています。高分子化学、有機化学、物理化学を基礎とし、最新のバイオテクノロジーを駆使しながら、高分子科学における新たな学術領域の開拓にチャレンジしています。斬新かつ独創的な発想をもとに医療・環境・エネルギー・製造分野などに貢献することを目指しています。当研究室に興味のある方は右端のメニューから詳しい情報をご覧ください。


ニュース
  • 東工大研究室紹介冊子 LANDFALLで当研究室が紹介されています。
  •  
  • 2021.09.08
    第70回高分子討論会(2021.09.06-08)において杉浦、芹澤がセルロース材料について、茂呂が高分子結合性ペプチドについて、田中道、澤田がウイルス材料について発表しました。
  • 2021.09.01
    メンバーを更新しました。学部3年生1名が新たに加わりました。
  • 2021.07.06
    第50回医用高分子シンポジウム(2021.07.5-6)において山口がセルロース材料について発表し、最優秀ポスター賞を受賞しました。
  • 2021.07.02
    昇任祝い・院試壮行会を行いました。
  • 2021.07.01
    澤田が准教授に昇任しました。それに伴い、芹澤・澤田研究室として活動します。
  •  
  • 2021.06.25
    第31回バイオ・高分子シンポジウム(2021.06.24-25)において城川がセルロース材料について、澤田がウイルス材料について発表しました。
  • 2021.06.23
    野中が第70回高分子学会年次大会(2021.05.26-28)において優秀ポスター賞を受賞しました。
  •    
  • 2021.05.29
    第70回高分子学会年次大会(2021.05.26-28)において桜井、杉浦、山口がセルロース材料について、野中が高分子結合性ペプチドについて発表し、澤田がウイルス材料についてPolymer Journal論文賞-日本ゼオン賞の受賞講演を行いました。
  •  
  • 2021.05.24
    Journal of Materials Chemistry B誌に掲載された秦(令和元年度JSPS博士研究員)がまとめた総説(J. Mater. Chem. B, 9, 3944-3966.)がFront Coverに掲載されました。
  •  
  • 2021.05.20
    田中翔(令和二年度修士修了)が実施したアルキル基を導入したセルロースオリゴマーの集合化を様々な手法により制御できることを明らかにした論文がJournal of Colloid & Interface Science誌に受理されました。
  • 2021.05.10
    杉浦が実施したセルロース系ブロック共重合体の酵素合成と分子認識性を利用した構造制御を達成した論文がPolymer Journal誌に受理されました。
  •  
  • 2021.04.26
    花村(令和二年度修士修了)が実施したセルロースオリゴマーの中和誘起自己組織化を利用して構築した機能化濾紙により抗体検出を達成した論文(ACS Sustain. Chem. Eng. 2021, 9, 5684-5692.)がSupplementary Coverに掲載されました。
  • 2021.04.09
    秦(令和元年度JSPS博士研究員)がまとめた自在に設計されたナノ構造をもつグリーンなマテリアルのためのセルロースの自己集合化に関する総説がJournal of Materials Chemistry B誌に受理されました。
  • 2021.04.06
    澤田が文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞することとなりました。共同研究を行って下さった先生方や関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
  • 2021.04.01
    メンバーを更新しました。修士課程学生1名、学部4年生3名が新たに加わりました。
  • 2021.04.01
    花村(令和二年度修士修了)が実施したセルロースオリゴマーの中和誘起自己組織化を利用して構築した機能化濾紙により抗体検出を達成した論文がACS Sustainable Chemistry & Engineering誌に受理されました。
  • 2021.03.26
    学位記授与式が行われました。
  • 2021.03.26
    追いコンを行いました。
  • 2021.03.22
    第101回日本化学会(2021.03.19-22)において網谷、城川がセルロース材料について、稲葉が高分子結合性ペプチドについて発表しました。
  • 2021.02.27
    第4回東工大応用化学系次世代を担う若手シンポジウム(2021.02.26-27)において澤田が高分子結合性ペプチドならびにウイルス材料について招待講演しました。
  • 2021.02.26
    修論・特課プロ発表打ち上げを行いました。
  • 2021.02.03
    誕生日会を行いました。
  • 2021.01.08
    米田(平成二十九年度修士修了)を中心に実施した、アルキル基をもつセルロースオリゴマーからなる堅牢な集合体が構造化した液滴を形成することを見出した論文がJournal of Colloid Interface Science誌に受理されました。
  • 2020.12.26
    忘年会を行いました。
  • 2020.12.23
    送別会を行いました。
  • 2020.12.12
    大山(平成二十八年度修士修了)を中心に田中道と実施した、ファージディスプレイ法により界面活性をもつペプチドを同定した論文がViruses誌に受理されました。
  • 2020.12.11
    第30回日本MRS年次大会(2020.12.09-11)において茂呂が高分子結合性ペプチドについて発表しました。
  • 2019.11.28
    3rd Glowing Polymer Symposium in KANTO(2019.11.28)において花村がセルロース材料について発表しました。
  • 2020.11.27
    杉浦が第10回CSJ化学フェスタ2020(2020.10.20-22)において優秀ポスター発表賞を受賞しました。
  • 2020.11.26
    前田(令和元年度修士修了)を中心に山口と実施した、中和誘起自己組織化により調製したセルロースナノリボン分散液中で三次元細胞集合体を構築できることを示した論文(Langmuir 2020, 36, 13890-13898.)がSupplementary Coverに掲載されました。
  • 2020.11.19
    鈴木(令和元年度博士修了)が実施した、高分子結合性ペプチドと蛍光分子を導入したタンパク質の蛍光挙動を温度応答性高分子への結合や温度によって制御できることを明らかにした論文(Soft Matter 2020, 16, 10096.)がBack Coverに掲載されました。
  • 2020.11.11
    第57回ペプチド討論会(2020.11.09-11)において野中、茂呂が高分子結合性ペプチドについて発表し、澤田が高分子結合性ペプチドならびにウイルス材料について受賞講演しました。
  • 2020.11.10
    澤田が日本ペプチド学会奨励賞を受賞しました。共同研究を行って下さった先生方や関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
  • 2020.10.24
    前田(令和元年度修士修了)を中心に山口と実施した中和誘起自己組織化により調製したセルロースナノリボン分散液中で三次元細胞集合体を構築できることを示した論文がLangmuir誌に受理されました。
  • 2020.10.23
    20-1 エコマテリアル研究会(2020.10.23)において澤田がウイルス材料について招待講演しました。
  • 2020.10.22
    第10回CSJ化学フェスタ2020(2020.10.20-22)において桜井、杉浦がセルロース材料について、木田が高分子結合性ペプチドについて、澤田がウイルス材料について発表しました。
  • 2020.09.18
    第69回高分子討論会(2020.09.16-18)において芹澤がセルロース材料について、澤田がウイルス材料について発表しました。
  • 2020.09.03
    小島(平成二十九年度修士修了)と前田(令和元年度修士修了)が実施した、セルロースオリゴマーの中和誘起自己組織化に基づいて形成されるナノリボンとゼラチンからなるダブルネットワークゲル構築に関する論文(Macromol. Biosci. 2020, 20, 2000187.)がBack Coverに掲載されました。
  • 2020.07.31
    第30回バイオ・高分子シンポジウム(2020.07.30-31)において田中翔がセルロース材料について、澤田がウイルス材料について発表しました。
  • 2020.07.28
    鈴木(令和元年度博士修了)が実施した、高分子結合性ペプチドと蛍光分子を導入したタンパク質の蛍光挙動を温度応答性高分子への結合や温度によって制御できることを明らかにした論文がSoft Matter誌に受理されました。
  • 2020.07.21
    鶴岡(令和元年度修士修了)が実施した、適切な化学修飾が繊維状ウイルスからなる熱伝導性集合体の創製に有用であることを見出した論文(Polym. J. 2020, 52, 803-811.)がハイライト論文に選出されました。
  • 2020.07.13
    福田(平成二十六年度修士修了)が実施した、ポリプロピレンオキシドに結合するペプチドを利用してバイオコンポジットナノ粒子を調製できることを明らかにした論文がProcesses誌に受理されました。
  • 2020.07.09
    小島(平成二十九年度修士修了)と前田(令和元年度修士修了)が実施した、セルロースオリゴマーの中和誘起自己組織化に基づいて形成されるナノリボンとゼラチンからなるダブルネットワークゲル構築に関する論文がMacromolecular Bioscience誌に受理されました。
  • 2020.07.02
    田中道が実施した、エマルション形成を利用して繊維状ウイルスの集合構造を緻密に制御した論文がRSC Advances誌に受理されました。
  • 2020.05.18
    秦(令和元年度JSPS博士研究員)が実施したセルロースの酵素合成系に基づくグラフェンの拘束場がDNAの高感度検出に有用であることを明らかにした論文(ACS Appl. Bio Mater. 2020, 3, 3210-3216.)がSupplementary Coverに掲載されました。
  • 2020.04.17
    秦(令和元年度JSPS博士研究員)が実施した、セルロースの酵素合成系に基づくグラフェンの拘束場がDNAの高感度検出に有用であることを明らかにした論文がACS Applied Bio Materials誌に受理されました。
  • 2020.04.01
    メンバーを更新しました。修士課程学生1名、学部4年生3名が新たに加わりました。
  • 国立大学法人 東京工業大学
  • 物質理工学院 応用化学系
English